プースケな日々

その後のプースケ

f0238184_8315743.jpg


            昨日、朝と夕方プースケに面会に行ってきました。
            少し元気になっていました。

            入院した時はぐったりしてしたのが顔つきも良くなり
            動き方も普通に戻ってきた感じです。
            写真を撮るよと言うと座ってくれました。

            現在は24時間点滴をしていて安静にして
            食欲が戻ってちゃんと食べれるようになったら
            家に帰れるとのこと。

            午後からフードを与えてもらっても
            全然食べなかったそうですが
            夕方、私が行ったらほんの少し水を飲んで
            フードをひと口食べてくれました。
            でもそれ以上はまだ受けつけないようです。

            やはり膵炎のようです。
            膵臓が炎症を起こす病気ですが
            人間も犬も体力の落ちた老年、または
            脂っこい食事を食べているとなりやすいようです。

            プースケの場合は季節の変わり目などで
            免疫力が低下したことが原因と考えられます。
            

            たくさんの方にご心配おかけしました。
            励ましの言葉をありがとうございます。

            プースケがんばってます!



            フレンチブルドッグひろば


                        
            
            
[PR]
by junpooo | 2010-09-29 09:22 | 犬の病気