プースケな日々

入院4日目

f0238184_21422240.jpg


            今日で入院して4日目。
            昼前にばーちゃんも一緒に面会に行ってきました。
            昨日と変わらず元気がなく
            ばーちゃんが話しかけて手を触っても
            表情が暗いままでした。

            朝の血液検査の結果では内臓の炎症を表す数値が
            異常に高かった初日の半分くらいに下がっていたので
            数字だけ見れば少しずつだけど良くなってるのかなと思います。

            その他、バリウムを飲んでのレントゲンと
            超音波検査をしました。
            動きが鈍いながらも腸に異常はないようですが
            膵臓のあたりと脾臓も少し腫れているのが
            レントゲンでわかりました。

            超音波では腫瘍などほかの病気がないかを
            調べましたが可能性としては低そうです。

            お腹をエコーの器具で押さえると痛がっていました。
            鎮痛剤も投与されていますが
            それでも痛いということは具合が悪くなった日は
            相当痛かったのではないかと思います。

            午前中は何を話しかけても無反応だったので
            とても不安になりましたが
            夕方再度会いに行った時は話しかけると目を見たり
            首をかしげたり反応があったのでちょっと安心しました。

            今はプースケの治癒力を信じるしかありません。
            早く元気になっておうちに帰ろう、プースケ。




            フレンチブルドッグひろば

           

            

            

      
            
[PR]
by junpooo | 2010-09-30 22:22 | 犬の病気